vol.51.富良野 木々の芽吹き

可憐な花を咲かせるカタクリ

4月も終わりに近づき、植物たちがいきいきと輝く季節を迎えた北海道富良野市。

カタクリの可憐な花や、

可愛らしいつくしの姿を見かけるようになりました。

木々の新芽も顔を出し始めました。

ヤナギの芽(3月の初め頃)

河川敷や林などでよく目にするヤナギの木。

寒さが少し緩み始めた、3月の初め頃から小さな芽を膨らませます。

じっと寒さに耐えながら、成長を続ける健気な姿です。

ヤナギの花(4月中頃)

そして、春の陽気を感じる4月中頃には黄色い小さな花を咲かせます。

まるで、ヤナギの芽から春の到来の歓びが弾けているようです。

ヤナギの花と若葉(4月末頃)

4月の末になると、ヤナギの枝から、若葉が顔を出し始めました。

たくましい生命力を感じます。

ヤナギの花と若葉(4月末頃)

黄色い小さな花、そして淡い緑色の若葉の色で、あふれます。

うぐいす餅を思い起こす色合いに、春らしさを引き立てます。

カツラの若葉(4月末頃)

小さな赤い葉を枝にたくさん付けているのは、カツラです。

木々の葉の少ないこの時期は、カツラの葉の赤色が、森のなかで目を引きます。葉が茂る頃には緑色に、そして秋には黄色に色づき、四季折々の変化を楽しめます。

カラマツの若葉(4月末頃)

枝に、小さなかわいい若葉をたくさん付けているのは、カラマツです。

カラマツ(新緑の頃)

カラマツは、北海道内の森や林に多く植えられている、落葉針葉樹です。

この小さい若葉が、これからどんどん、針のような葉を伸ばし、茂らせていきます。

秋にはその葉が黄色に色づきます。

そして雪が降り始める冬の初め、全ての葉を落とし、長い冬を迎えます。

そしてまた春に新しい葉を芽吹かせるのです。

カラマツの枝にとまるシマエナガ

多くの枝に若葉を付けたカラマツに、シマエナガがとまっています。

しばし、羽を休めているようです。

カラマツの雄花

近づいてよく見ると、所々にカラマツの花が咲いています。

卵形で先が黄色、下向きに付いているのがカラマツの雄花です。

カラマツの雌花

先が淡いピンク色で、上向きに付いているのが、カラマツの雌花。

雄花と雌花が同じ木に咲いています。

カラマツの雌花

雄花の花粉と受粉した雌花が、松ぼっくりに育っていきます。

こうしてカラマツの花を見ていると、子孫を残すために、色や形や仕組み、全てが理に適っているように思えます。

自然界の営みの精巧さと美しさに感動を覚えます。

それぞれの持って生まれた性質や特徴には、大切な意味があります。

生を受けたものには、無駄なものや不要なものなどないのでしょう。

全てのものが大切な唯一無二の存在。

自分自身にも丸をもらえているような気持ちになります。

カラマツの新芽と松ぼっくり

前の年に付けた松ぼっくりもまだ枝に残っていました。

春のカラマツの枝の上では、親や子や兄弟が一堂に会したような、にぎやかさです。

微笑ましい姿に見えます。

木々の芽吹きを見ながら、また一つ季節が進んだことを実感しました。

これから富良野は、鮮やかな新緑の季節を迎えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です