vol.36.初春のパノラマロード江花

美しい景観を楽しめるパノラマロード江花

4月上旬、北海道上富良野町は、気持ちの良い青空が広がっています。

今日は上富良野町にあるパノラマロード江花を歩いています。

ここは、富良野分地より50mほど標高が高いので、とても眺めのよい場所です。

西側にはブドウ畑や

なだらかな農地が広がっています。

美しい青い空と周りの景色に圧倒されます。

南側を向くと、遠く雲の向こうに、富良野西岳や芦別岳が見えます。

お天気の良い日には、東側に十勝岳連峰の雄大な景色を見ることが出来ます。

今日は、残念ながら、大きな厚い雲が十勝岳連峰をすっぽりと覆っています。

畑に目をやると、うっすら緑色に色づいています。

秋に種をまいた小麦が芽を伸ばしています。

雪がとけて、大地が動き出し始めました。

途中には、「かみふらの八景」の標識が立てられています。

富良野岳に向かって真っすぐな道が伸びる、素晴らしい景観です。

ドライブコースとして人気のパノラマロード江花

なだらかな起伏の続くパノラマロード江花。

上りの道では、まるで空に向かって道が続いているようです。

そこを上がりきると、

ぱっと視界が開けて、雄大な風景が目に飛び込んできます。

360℃、どこを向いても、美しい富良野の自然を眺めることができます。

雪景色が終わり、春の芽吹きが進むこれからの季節も、一層美しい景色を堪能できます。

空や雲、そして大地が広く、大きいことをあらためて実感できる場所です。

心が、この雄大な景色の力で、解放されていきます。

西に傾いた太陽が、雪面を照らし、光の道をつくっています。

キツネのものでしょうか、足跡がまっすぐに続いています。

朝と夜の気温差が大きい初春の雪面は、表面が鏡のようにピカピカになっています。まるで、大海原に沈む太陽のようです。

帰り道、遠くの畑にキタキツネの姿を見つけました。

警戒した様子で、こちらを見ています。

しばらくすると、キツネは背を向けて走り去っていきました。

日没が近づいてきました。

夜行性のキツネは、これから活動を始めるのでしょうか。

太陽がゆっくりとブドウ畑の向こうに沈んでいこうとしています。

あたりを大きく照らしながら、沈んでいく太陽の神々しい光に包まれていると、今日一日が終わっていくことへの感謝の気持ちが湧いてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です