vol.30富良野 ダイヤモンドダスト

春分の日を過ぎた3月下旬。

北海道、富良野。

昼間の時間が少しずつ長くなり、日の出の時間も早くなりました。

今日は久しぶりのお天気に恵まれた気持ちの良い朝です。

さっそく朝日を拝みに、車を走らせました。

向かった先は、JR中富良野駅の背後に位置する北星山。

たくさん積もっていたスキー場の雪もとけて、土が見えています。

北星山山頂からの眺め

北星山の山頂からは、中富良野町の街並みと田園風景を見渡せます。

はるか遠くには十勝岳連峰を望むこともできます。

天気の良い日に見える十勝岳連峰は、神々しい姿です。

十勝岳連峰から昇る朝日

山頂へと向かう途中、カラマツ林の切れ間から、まぶしい朝日が見えてきました。

山際が明るく照らされてきました。

周りで鳥の鳴き声も聞こえます。

時刻は6時。気温は氷点下10℃。

頬に冷たい風があたります。

十勝岳連峰から、太陽が昇ってきます。

太陽に照らされた雪面が輝き、その上にカラマツの影が伸びています。

朝日に照らされて、空気がキラキラと輝いています。

とても幻想的な美しい光景です。

寒さを忘れてしまいます。

朝日に輝くダイヤモンドダスト

気温が下がり、氷の粒となった水蒸気が、太陽の光に照らされて、宝石のような輝きを見せることから、ダイヤモンドダストと呼ばれています。

空中に宝石が散りばめられています。

冷え込みの厳しい朝に見ることの出来る、魔法のような美しい空気。

様々な条件が重なった時に見ることのできる、冬の芸術です。

とても贅沢な時間です。

富良野の冬は寒さ厳しく、雪も多く積もります。

でも、その厳しい冬にしか出会えない、美しい景色があります。

今日のように氷点下10℃以下まで冷え込む朝は、今季最後かもしれません。

春を感じる光の中で、冬の宝石を見ることが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です