Vol.23富良野の恵~ふらのワインとチーズ~

JR富良野駅

北海道の中心に位置する富良野市。

北海道の「へそ」としても知られています。

富良野五条大橋のへそまるくん

四方を山々に囲まれた盆地特有の気候で、一年を通して寒暖の差が大きく、美味しい農作物が育つ環境です。

富良野五条大橋のブドウのモニュメント

そんな環境を生かしてつくられているものの一つに、富良野産のぶどうでつくられた、ふらのワインがあります。

富良野市内のシャトーふらのばし

JR富良野駅から西に向かって2キロほど行くと、ぶどう畑の広がる清水山があります。

清水山に向かう道は、「ワインロード」と呼ばれ、途中の富良野川にかかる橋は、「シャトーふらのばし」と名付けられています。

ふらのワイン工場

シャトーには、ワインを醸造・貯蔵する建物のあるブドウ園という意味があるそうです。

清水山に広がるブドウ畑

まさにシャトーふらのばしを進んだ先には、清水山の傾斜に広がるブドウ畑と、そのぶどうを使ったワインを醸造・貯蔵するふらのワイン工場があります。

清水山からの眺め

お天気の良い日には、ワイン工場から十勝岳連峰を眺めることができます。

ワイン工場の周辺では、夏にラベンダー、秋には紅葉を楽しむことができます。

ワインロード沿いの街灯

ワインロード沿いの街灯は、ワイングラスの形をして、ぶどうもデザインされています。

ふらのワイン工場

ふらのワインは、ワイン工場で地元のぶどうを使って、醸造から販売まで行われています。

品質も高く評価され、富良野の特産品の一つです。

まさに、富良野の豊かな自然と生産者の愛情の賜物です。

ふらのワイン

今日は、ワイン工場でつくられているふらのワインの期間限定市民還元ロゼワインをいただこうと思います。

市民還元ロゼワインは、期間限定でお手頃な値段で市内のスーパーでも購入できます。

オレンジとピンクを混ぜ合わせたような綺麗な可愛らしい色。

飲み口も軽やかで、とても飲みやすいです。

ふらのチーズ工房のイカ墨入りふらのチーズ

ワインと一緒に、ふらのチーズ工房でつくられたふらのチーズ、「ふらのチーズセピア」も一緒にいただきます。

イカ墨入りのふらのチーズセピアは、カマンベールタイプで、とても濃厚な味わいと滑らかな口当たりです。

チーズの中身の黒は肥沃な富良野の大地を、周囲を包む白カビは真っ白な粉雪を表現しているそうです。

賞味期限が一週間程となったふらのチーズは、熟成が進んでトロッとした食感です。

ふらのワインとチーズ

富良野の大地で育まれた素材を活かしたワインとチーズ。

想像通り、相性はぴったりです。

ゆっくりとワインとチーズをいただきます。

富良野の恵みをいただく至福の時間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です