vol.18富良野チーズ工房 冬の楽しみ方

富良野市を流れる空知川

厳しい寒さが少しずつ緩み始めた、北海道富良野市。

日に日に雪が溶けて、雪山が小さくなってきました。

日差しが温かく感じられます。

今日は、富良野駅から車で10分程の高台にある、ふらのチーズ工房に足を運んでみようと思います。

空知川にかかる五条大橋

ふらのチーズ工房までは、富良野駅から真っすぐ五条通りを進んで、空知川に掛かる五条大橋を越えていきます。

橋を越えると玉ねぎなどの畑が広がり、一面まだ雪に覆われています。

静かに春を待っているようです。

ふらのチーズ工房

緑豊かな夏には多くの観光客の方が訪れる、ふらのチーズ工房。

自然に囲まれた建物は、チーズの工房の他にもアイスミルク工房、ピッツア工房、体験工房などが併設されています。

冬場は夏とはまた違った、ゆっくりと、静かな佇まいを感じられます。

遊歩道

チーズ工房の東側、30m程のなだらかな勾配の遊歩道が、雑木林の中を続いていきます。

澄み渡る青空に向かって、白樺、ナラ、イタヤカエデなどが真っ直ぐに伸びていて、高いアーチをくぐり抜けているようです。

遊歩道に伸びる木々の影

木々の影で、雪面にたくさんの縞模様が描かれています。

春を感じさせる木漏れ日を浴びながら歩いていると、どこからか鳥の鳴き声が聞こえてきました。

静かな時間です。

固く締まった雪の上を、ゆっくりと歩いていきます。

頬にあたる空気が優しく感じられます。

夏には多くの方が憩う広いスペースにも、まだ雪がしっかりと積もっています。

雪遊び用のソリ

子どもさん用でしょうか。お尻で滑るソリが置いてあります。

嬉しい心遣いですね。

童心を思い出し、大人も滑ってみたくなります。

遊歩道を散策して、建物の中に入ると、やはり外とは違う温かさにホッとします。

1階ではガラス越しに、地元産の牛乳を使ったチーズの製造室や熟成室を見学することができます。

美味しいチーズになるための作業や時間を垣間見ることができます。

2階に上がると、休憩スペースやチーズの歴史の展示、牛の模型の乳しぼり体験、チーズの試食、買い物などができます。

大人も子供も楽しめるスペースです。

新鮮な富良野牛乳からつくられたアイスミルク、カボチャなど富良野産の野菜を使ったアイス、チーズソフトクリーム、どれも美味しそうです。

チーズソフトクリーム

迷ったのですが、チーズソフトクリームをいただくことにします。

想像していたものよりもボリュームがあります。

とても濃厚なチーズの味わいと滑らかさ。

冬に食べるソフトクリームも、また良いものです。

ふらのチーズ

帰りにイカ墨入りカマンベールチーズと、ふらのワイン入りのチェダーチーズを購入しました。試食ができるので、気に入ったものを購入できます。ワインにも合いそうで、楽しみです。

夏の緑豊かなチーズ工房も魅力ですが、冬の静かな佇まいの中をゆっくりと楽しむのも、おすすめです。

十勝岳連峰

帰り道、十勝岳連峰が綺麗に見えました。

一面雪に覆われていますが、暖かな日差しから、少しずつ春の足音が聞こえてくるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です