vol.5 富良野線の朝~冬の鹿討駅~

北海道第2の都市旭川市と、富良野市を結ぶJR富良野線。

その沿線には美瑛町、上富良野町などの観光地があり、車窓からは自然豊かな景色が楽しめる人気のローカル線です。

そんな富良野線の17の停車駅の中には、小さな無人駅も沢山あります。

中富良野町 JR鹿討駅の駅舎とホーム

中富良野町の農村地帯にある鹿討駅も、そんな無人駅の一つです。

周り一面真っ白い雪の中に、ひっそりと小さな駅舎とホームがあります。

2月上旬の朝、7時前。

誰もいない駅のホームを雪かきしてくれている方の姿があります。

きれいに除雪された駅のホームから旭川方面を眺めます。

時折、遮断機が風に揺れる音が聞こえてきますが、とても静かです。

そろそろ列車が来るでしょうか。

駅のホームから、雲間に顔を覗かせた朝日を、眺めることが出来ました。

とても贅沢な瞬間です。

ゆっくりと辺りが明るくなってきました。

待つこと30分。

時刻表の時刻を過ぎても、列車はやって来ません。

どうやら雪の影響で、運転が見合わされているようです。

冬の北海道では、雪の影響を受けることが沢山あります。

自然の大きな力と共に生活していることを実感します。

冬の旅行の際は、時間に少し余裕のあるスケジュールが安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です